農機具買取でよくあるトラブルとは?対策について解説

農機具買取でよくある3つのトラブル事例と、それぞれのトラブル対策法を紹介します。農機具買取で失敗したくない方は、ぜひ参考にしてください。

よくあるトラブル1.契約後に減額請求される

農機具を買い取りしてもらうときのよくあるトラブル例の一つ目は、契約後に減額請求されることです。
売却したい農機具を査定してもらって、調べていた買取相場よりも高く、接客も丁寧な業者であれば買い取りを依頼することでしょう。契約書を交わして無事に契約が済み、いざ買い取ってもらおうとすると、キズがあることや動作不良などを理由に買取額が大幅に減額されることがあります。
農機具の状態を見て契約後に減額することを見越して、買取業者は契約書に「キズや動作不良などがあれば減額する」などと特記事項を記載しているケースがあります。しかしながら、買い取ってもらう際に契約書をくまなく読む人は多くないので、トラブルに発展してしまうのです。

よくあるトラブル2.相場より安く見積り・買取される

農機具買取の際のトラブルには、相場より安く見積もられたり安く買い取られたりすることも挙げられます。
農機具買取の査定額は、年式や状態によって大きく異なります。専門知識がなければ相場に見合った金額を算出することは難しいのです。
相場よりも低い金額を提示してくる業者は、農機具の悪いところばかり指摘したり、査定額を提示する前に買取希望額を聞いてきたりすることがあります。「キズがある」「汚れている」と言ってきたり、「いくらで売りたいのか?」「いくらくらいが適正な値段だと思うか?」などと聞いてきたりする業者は、売り手に専門知識がないことをいいことに、足元を見ているのかもしれません。

よくあるトラブル3.業者が買取代金を払わない

業者が買取代金を払わないことも、よくあるトラブル事例の一つです。悪徳業者は、「査定するために商品を持ち帰る」「査定前に商品を引き取らせてもらう」などと言って、代金を支払う前に商品を手放すように促してくることがあります。査定後に代金が支払われると思っていたら、いつまで経っても振り込まれないというトラブルがあるのです。
買取業者に連絡しても、「商品を持ち帰って査定したが値段がつかなかった、商品はもう店舗にない」と言われることがあります。「振り込みは完了しているはず」と嘘をつかれることも。そもそも、使われていない電話番号を知らされていて連絡がつかないということもあるのです。

農機具買取のトラブル対策は?

まず、契約後に減額請求されるというトラブルを回避するには、契約前に契約書をしっかりと読むことが大切です。契約書の内容で分からないところがあれば、理解できるまで買取業者に質問しましょう。質問しても丁寧に回答してくれないような業者ならば、契約しないことをオススメします。
つぎに、相場より安く見積り・買取されるというトラブルの対策としては、売却したい農機具の買取相場を理解することが挙げられます。複数業者から相見積もりを取って、査定額を比較検討してみてください。
そして、買取代金を払わないことを回避するには、即現金支払いをしてくれる業者に依頼することが一つの対策です。出張買取に対応していて、査定額に納得すればすぐに現金を支払ってくれる業者に依頼するとよいでしょう。

どう売るか、何を売るかで選べる
北海道の農機具買取業者3社

※横にスクロールできます。

専任スタッフの
手厚いサポート

ノースグラフィック
査定の特徴
最短即日で現地査定
が可能
査定方法
出張査定
サポートの特徴
専任の担当がつき、
親身にサポート
対応エリア
道内全域・青森
建設機械の買い取り

スクラップ
の買取なら

北海道片付け110番
査定の特徴
立ち合い不要で依頼が可能
査定方法
電話査定・出張査定
サポートの特徴
最大1億円の
賠償責任保険
対応エリア
道内全域
建設機械の買い取り

ネットで買取を
完結させるなら

クロバト農機買取
査定の特徴
ネット査定で完結
査定方法
LINE査定・Web査定
サポートの特徴
ネットの知識がない方にも
丁寧に説明
対応エリア
全国
建設機械の買い取り

選定条件:2023年1月10日12:00時点、Google検索で「農機具買取 北海道」でGoogle検索結果上位20社の中から
以下の条件で3社をピックアップしました。

  • 査定スピード:最短時間の記載あり
  • 対象エリア:北海道全土を含む
  • 農機具以外も買い取り可能

①専任スタッフの手厚いサポート:唯一専任のスタッフによる買取サポートが公式サイトで明記されている

②スクラップの買取なら:唯一スクラップも買い取ってくれる

③ネットで買取を完結させるなら:唯一非訪問型のネット完結買取を行ってくれる