クボタ

クボタってどんなメーカー?

クボタは、1890年に鋳物メーカー「大出鋳造所」として創業されました。1922年に農工用石油発動機や節炭機などの製造を開始。1960年には畑作用乗用トラクターを開発・商品化しました。翌年に北海道旭川市で日本国内初の農機販売店を開設(※1)。1968年には田植機の製造を開始しました。1976年にはニューヨーク証券取引所に株式上場。1990年の創業100周年の年に「クボタ」に社名変更しました。
国内シェアはトップで(※2)、世界でも広く販売されています。20年以上前の古いモデルでも現役で使用できるため、国内外ともに買取需要が高いです。

※1 参照元:クボタ公式HP/history(https://www.kubota.co.jp/museum/history/1961_1972.html

※2 参照元:ノウキナビBLOGより(https://www.noukinavi.com/blog/?p=11434

クボタの買取事例【北海道編】

実際に北海道で買い取られたクボタの農機具の事例を紹介します。

  • クボタ トラクターM7000DT:600,0000円
  • クボタ トラクターSMZ955:2,550,000円
  • クボタ トラクターKL41:820,000円
  • クボタ トラクターGB170:380,000円
  • クボタ トラクターA-155:210,000円
  • クボタ バインダーRB30:120,000円

参照元1:クローサー株式会社(https://www.9818.jp/sell

参照元2:ツールオフ(https://tool-off.com/shop-noukigu/hokkaido

とくに高額買取が期待できる機種は?

クボタの農機具の中でも、とくにトラクターは人気です。 FTシリーズやMシリーズ、SLシリーズ、NBシリーズなどの現行モデルは、査定額が高くなります。中古市場では、 KLシリーズ、GLシリーズ 、GBシリーズの流通量が多く、安定して人気です。年式が新しい機種や場力が高い機種、稼働時間が少ない農機具ほど高く売れる可能性があります。

クボタの農機具を高額買取してもらうポイント

年式が新しいものや稼働時間が少ないもの以外にも、保存状態がよい農機具も高額査定に繋がりやすいです。また、クボタの農機具は新品の価格が高いことから、一つひとつのパーツや付属品にも価値があります。アタッチメントなどの付属品だけでなく、説明書や保証書も一緒に買い取ってもらうことが、高額買取のポイントです。クボタの製品を多く取り扱っている買取業者を中心に、複数箇所で見積もりしてもらうとよいでしょう。

高く売るためのメンテナンス方法

クボタの農機具を高く売るためには、日ごろのメンテナンスが大切です。使用後は、泥や汚れなどを取り除き、野ざらしにしないようにしてください。汚れの付着がひどいと、サビの状態などを正確に査定できなくなります。また、定期的に部品の緩みやエンジンオイルの状態を点検したり、試運転を行ったりして、故障を防ぎましょう。実際に買い取ってもらう前には、あらためて簡単な清掃と動作チェックを行うと、高額査定になる可能性が高くなります。

どう売るか、何を売るかで選べる
北海道の農機具買取業者3社

※横にスクロールできます。

専任スタッフの
手厚いサポート

ノースグラフィック
査定の特徴
最短即日で現地査定
が可能
査定方法
出張査定
サポートの特徴
専任の担当がつき、
親身にサポート
対応エリア
道内全域・青森
建設機械の買い取り

スクラップ
の買取なら

北海道片付け110番
査定の特徴
立ち合い不要で依頼が可能
査定方法
電話査定・出張査定
サポートの特徴
最大1億円の
賠償責任保険
対応エリア
道内全域
建設機械の買い取り

ネットで買取を
完結させるなら

クロバト農機買取
査定の特徴
ネット査定で完結
査定方法
LINE査定・Web査定
サポートの特徴
ネットの知識がない方にも
丁寧に説明
対応エリア
全国
建設機械の買い取り

選定条件:2023年1月10日12:00時点、Google検索で「農機具買取 北海道」でGoogle検索結果上位20社の中から
以下の条件で3社をピックアップしました。

  • 査定スピード:最短時間の記載あり
  • 対象エリア:北海道全土を含む
  • 農機具以外も買い取り可能

①専任スタッフの手厚いサポート:唯一専任のスタッフによる買取サポートが公式サイトで明記されている

②スクラップの買取なら:唯一スクラップも買い取ってくれる

③ネットで買取を完結させるなら:唯一非訪問型のネット完結買取を行ってくれる