農機具の相場の調べ方は?

ここでは、農機具の種類別の買取相場や業者によって相場が異なる理由、計算方法について詳しく説明していきます。

農機具の種類別の相場

農機具は、コンパクトなものから大型まで様々な種類がありますが、基本的にはある程度使い込んだものでも買取に出すことが可能です。

農機具の種類別買取相場は以下の通りです。

                                                       
農機具の種類買取相場(万円) 高い(万円) 安い(万円)
コンバイン50~100 150~200 1~
トラクター 50~100 150~3001~5
田植機 20~40 ~1001~

※1 参照元:農機具デッグ(https://noukigu-kaitori.jp/column/howtosell

上記は、一部の買取業者の相場です。買取に出す場合、上記を参考に査定を依頼するとよいでしょう。

業者によって相場が異なる理由は?

ここでは、業者によって相場が異なる理由について詳しく説明していきます。

業者によって得意な点と不得意な点がある

解体や修理に対応している業者の場合、まったく動かなくなってしまった農機具の買取をしてもらえる可能性が高いです。

しかし、簡単な修理しか行っていない業者やクリーニングのみ可能な場合、壊れた農機具の買取はしてもらえないケースが多いでしょう。

その他には、コンパクトな農機具のみ可能だったり、エンジンがかかる農機具のみOKだったりする場合があるので注意が必要です。

業者によっては、得意と不得意があります。そのため、どのような農機具も買取に対応している業者であっても、販売ノウハウが少ないことから不得意な農機具には相場よりも査定が安くなってしまうケースがあります。

業者の得意・不得意が買取価格に大きな差を生み出してしまうため、事前に確認しておくことが望ましいです。

販路によって金額が変わる

買取を行った農機具を販売する方法や販路は、業者によって異なることがあります。

売れるまでに関わる企業や個人が多ければ多いほどコストがかかってしまい、買取価格に影響を及ぼしてしまうのです。

また輸出販路を確保している業者の場合、国内では不人気のため安値になってしまう農機具であっても、比較的高額で買取してもらえるケースがあります。

農機具買取相場を自分で計算する方法

農機具の買取相場の計算方法が気になる方もいることと思います。

ここでは、自分で計算する方法について詳しく説明していきますのでぜひチェックしてみてください。

ヤフーオークションから相場を計算する

ヤフーオークションで売られている金額は売り相場ではなく、業者の販売希望額です。オークションは、基本は競りなので設定金額にばらつきがみられるのが特徴。

買取後に出品手数料や人件費、保管コストなどさまざまな要因があり、表示価格以下で査定額が算出されます。査定額の計算方法は、表示価格×0.75=買取相場となっています。

ヤフーオークションから相場を正確に計算することは難しいので、あくまで相場感を掴む目安として調べるのがおすすめです。

農機具を少しでも高く買取りしてもらうために

大切に使い続けた農機具を少しでも高く買い取ってほしいと思う方がほとんどでしょう。せっかく売却するなら、高く買い取ってもらうポイントを押さえておくことが大切です。「付属品を揃える」「キレイにしておく」「需要の高い時期を選ぶ」など具体的なポイントを紹介します。

付属品を揃えてから売却する

新品を購入する際、保証書・説明書などの書類関係や様々なアタッチメントなどの備品があります。そう言った付属品がなくても農機具単体で売却できますが、付属品が揃っていた方が高く売れる可能性があります。付属品でマイナスになることはないので、売却する際は付属品がないか探してみましょう。

できるだけキレイにする

農機具に関わらず、たとえば汚れた製品と綺麗な製品であれば、どっちが欲しいと思いますか?当然ながら汚れた製品を選ぶ人はいないでしょう。農機具も同様で綺麗な状態の方が査定額も高まりやすくなります。傷が付かないように屋内で保管するなどの配慮が必要です。また査定を依頼する前には本体の汚れを拭き取るなど最低限の泥落としなどを行い、できるだけ綺麗な状態にしてから売却しましょう。高い査定となるためには見た目も大切です。

需要が高まりやすい時期に売却する

どのタイミングで売却するかによっても査定額は大きく変わってきます。もし農機具を高値で売却したいなら、農機具の需要が高まるタイミングがベスト。たとえば田植え機なら田植えシーズンを迎える4月~6月ごろ、コンバインは稲・麦刈りが始まる9月ごろが需要の高まる時期です。もし需要が高いタイミングは比較的買い手も見つかりやすくなるので、高値の査定が提示できるのでしょう。ただしトラクターに関しては時期に関係なく需要が高いため、相場は安定している傾向にあります。農機具によっても需要が高まる時期が異なるので、どの農機具を売却するかによって売却時期を検討しましょう。

生産から15年以内に売る

農機具の場合、買取の金額は生産年数でも大きく変わってきます。15年以上生産から経過している農機具は日本で売却できません。そのため田植え機・コンバイン・トラクターなどは15年以上経過していると査定額がグッと下がってしまうのです。もちろん15年以上経っているから買取ができないわけではなく、海外に販路を持っていれば海外へ売却できます。そのため年数が経過していても売却はできるでしょう。もし将来的に売却したいと検討しているなら、15年未満で売却した方がいいかもしれません。年式が新しい方が高値が付きやすいため、不要と思えば早めに売却をしましょう。

どう売るか、何を売るかで選べる
北海道の農機具買取業者3社

※横にスクロールできます。

専任スタッフの
手厚いサポート

ノースグラフィック
査定の特徴
最短即日で現地査定
が可能
査定方法
出張査定
サポートの特徴
専任の担当がつき、
親身にサポート
対応エリア
道内全域・青森
建設機械の買い取り

スクラップ
の買取なら

北海道片付け110番
査定の特徴
立ち合い不要で依頼が可能
査定方法
電話査定・出張査定
サポートの特徴
最大1億円の
賠償責任保険
対応エリア
道内全域
建設機械の買い取り

ネットで買取を
完結させるなら

クロバト農機買取
査定の特徴
ネット査定で完結
査定方法
LINE査定・Web査定
サポートの特徴
ネットの知識がない方にも
丁寧に説明
対応エリア
全国
建設機械の買い取り

選定条件:2023年1月10日12:00時点、Google検索で「農機具買取 北海道」でGoogle検索結果上位20社の中から
以下の条件で3社をピックアップしました。

  • 査定スピード:最短時間の記載あり
  • 対象エリア:北海道全土を含む
  • 農機具以外も買い取り可能

①専任スタッフの手厚いサポート:唯一専任のスタッフによる買取サポートが公式サイトで明記されている

②スクラップの買取なら:唯一スクラップも買い取ってくれる

③ネットで買取を完結させるなら:唯一非訪問型のネット完結買取を行ってくれる