除雪機買取のポイントとは【北海道編】

除雪機の画像

除雪機高価買取のコツ

きちんと動くことが確認できる

除雪機の高価買取のコツとして、まずはきちんと動くことが確認できるかどうかです。長年使用していない除雪機の場合、動かなくなってしまっている可能性があります。そのため、エンジンがかかるかどうかや、除雪部が正常に作動するかどうかを確認しておきましょう。

汚れや傷・サビが少ない

査定に出す時は、できるだけ見た目をキレイにしておく必要があります。 そのため、汚れを落とすことはもちろん、サビが付いている場合はサビ落とし剤を使って磨くなど、なるべくキレイにしてから査定に出します。傷が少ないものの方が高く買い取ってもらえることから、目立つ傷や直せそうな傷はできるだけ修理しておく方が良いでしょう。

修理箇所を申告しておく

除雪機に修理した箇所がある場合は、査定前に申し出ておくようにしましょう。除雪機の可動部分やエンジンなどの重要な部分を修理していることで、修理した分長く使えることから高く評価してもらうことが可能です。定期的に点検をおこなっている場合も、その時の領収書などを提示することで、大切に使用していた証明となり、ある程度の価格アップが見込めます。

売却時期を確認する

高価買取を希望している場合は、冬の少し前に買取を依頼するようにしましょう。なぜなら、除雪機が活躍する冬に向けて、秋頃から除雪機の購入を検討する人が多くなるためです。そのため、雪が降る少し前の9月〜11月ぐらいを目処に売却することをオススメします。

ガソリンを抜いておく

除雪機を中古市場で販売する時は、事前にガソリンを抜いておく必要があります。つまり、燃料タンクを空にしておきましょう。

除雪機の内部にガソリンを長期間残していると、ガソリンの劣化や腐る原因につながります。ガソリンが腐る主な原因は、長期間の保管と不純物の混合です。アルケンという物質は、空気に触れることで酸化し揮発成分がなくなってしまいます。揮発成分がなくなってしまうとヘドロのような状態に変わり、なおかつ腐ります。劣化・腐ったガソリンは刺激臭がするため、購入者もすぐにタンク内部の状態に気付きます。

さらにガソリンの劣化はタンクの腐食につながるため、早めにガソリンを抜いておくもしくはエンジンをかけて全て消費するのが大切です。

付属品や、その他機器を併せて買取に出す

使用済みの除雪機を中古市場へ出品する場合は、本体だけでなく附属品や周辺機器もセットにしておくのが大切です。

中古除雪機の購入を検討している方にとって部品の欠品や付属品なしの除雪機は、使いにくいと感じやすいところです。また、相場より安い価格で購入されやすくなるため、なるべく付属品もまとめて出品しておく必要があります。

査定価格アップを見込んでいる方や買取希望者を集めたい時は、可能な限り付属品や説明書、周辺機器をまとめて出品しましょう。

除雪機のニーズ

除雪機は、特に冬場の気温が低い地域や積雪量の多い地域などで需要の高い設備です。

積雪量の多い地域は、数時間程度で数10㎝や1m程度の積雪量を記録しています。また、湿った雪は重いため、スコップなどで雪かきを行うにも限界があります。

気温の低い地域では積雪量が1m未満であったとしても、体調面などから長時間雪かきを行いにくい環境です。そこで除雪機があれば、短時間で除雪を済ませられますし湿った雪や積雪量の多い状況でも簡単に雪かきを進められます。そのため、除雪機の需要は高い傾向で、かつ中古でも購入してもらえやすい状況です。

さらに中古除雪機は数万円以上の価格で取引されていて、予想以上の価値で買い取ってもらえる可能性があります。

また、除雪機を買い替える場合は、次のシーズンに向けての売却が多くなる春、3~5月がねらい目です。

高価買取が期待できる?除雪機の買取人気メーカー

ホンダ(HONDA)

ホンダが除雪機の販売を開始したのは1980年のこと。自社開発の除雪機「スノーラ HS35」を販売し、それから40年以上かけて小型から大型のものまでラインナップを拡げました。2001年、日本国内でのハイブリッド除雪機の累計販売台数が10万台に。2023年2月現在では、11モデル14タイプの除雪機を取り揃えています。

下記に取扱いがある具体的な除雪機をご紹介致します。

2023年3月2日時点の情報

参照元:ホンダ公式HP 40年の軌跡 Honda除雪機ヒストリー

ユキオスe! SB800e(J)

ユキオスe! SB800e(J)

画像引用元URL:https://www.honda.co.jp/snow/lineup/sb800e/

HSM1380i(JN)

HSM1380i(JN)

画像引用元URL:https://www.honda.co.jp/snow/lineup/medium-hybrid01/

HSL2511(JRG)

HSL2511(JRG)

画像引用元URL:https://www.honda.co.jp/snow/lineup/large/hsl2511-jr.html

ヤマハ(YAMAHA)

ヤマハオリジナルで作り上げた除雪機第1号は、1980年発売のスノーメイト「YSM250」です。その後、さまざまな除雪機を開発してきました。2023年2月現在発売している機種は、全部で15種類。除雪幅40cmタイプから90cmタイプまで幅広いラインナップが展開されています。

下記に取扱いがある具体的な除雪機をご紹介致します。

2023年3月2日時点の情報

参照元:ヤマハ公式HP ヤマハ除雪機のあゆみ 参照元:ヤマハ公式HP 除雪機ラインナップ

yu240

yu240

画像引用元URL:https://www.yamaha-motor.co.jp/snowblower/lineup/yu240/

YT660

YT660

画像引用元URL:https://www.yamaha-motor.co.jp/snowblower/lineup/yt660/

YT1070

YT1070

画像引用元URL:https://www.yamaha-motor.co.jp/snowblower/lineup/yt1070/

和同(WADO)

和同の主力商品は除雪機械です。研究開発部門を核とした独創性を活かし、積雪目安量30cmまでのスノーブレードから積雪目安量76㎝までの大型除雪機まで幅広くラインナップ。開発から生産・販売までを一貫して対応する除雪機メーカーです。

下記に取扱いがある具体的な除雪機をご紹介致します。

2023年3月2日時点の情報

参照元:和同公式HP 除雪機TOP

e-SB80

e-SB80

画像引用元URL:https://www.wadosng.jp/product/e-sb80.html

SX1792-N

SX1792-N

画像引用元URL:https://www.wadosng.jp/product/sx1792n.html

SXC1280SE

SXC1280SE

画像引用元URL:https://www.wadosng.jp/product/sxc1280se.html

ヤンマー(YANMAR)

ヤンマーは、農業機械の製造・販売を中心に行っている企業です。そのノウハウを活かして製造された除雪機はメンテナンス性がよく、走行性や操作性も高いです。2023年2月現在販売中の除雪機は15種類。アフターサービスやサポートも充実しています。

下記に取扱いがある具体的な除雪機をご紹介致します。

2023年3月2日時点の情報

参照元:ヤンマー公式HP 除雪機

小型除雪機 JS865C,R

小型除雪機 JS865C,R

画像引用元URL:https://www.yanmar.com/jp/agri/products/snowplow/small/js865c-r.html

中型除雪機 JM-1390X,VEL

中型除雪機 JM-1390X,VEL

画像引用元URL:https://www.yanmar.com/jp/agri/products/snowplow/medium/jm1390x-vel.html

大型除雪機 JL-1510,X

大型除雪機 JL-1510,X

画像引用元URL:https://www.yanmar.com/jp/agri/products/snowplow/large/jl1510-x.html

特に評価されやすい除雪機の機能

ジェットシューター

ジェットシューターは、ヤマハの除雪機に搭載されている機能です。雪を飛ばすシューターの内部に超高分子量ポリエチレン成形板を装着していることから、雪を効率的かつ遠くに飛ばすことができ、雪づまりが起こりにくい構造になっています。また、機器内に異物が入りこんでしまった場合に、シューターの損傷を防ぐことが可能です。

シャーボルトガード

シャーボルトガードも、ヤマハの除雪機に搭載されている機能です。 除雪時に機器内に異物が食い込んだ場合、雪をかき集めているオーガと周りの部品の間に挟まってしまうことから、エンジンの主要部が故障することがあります。シャーボルトを搭載していることで、電力伝達部への異物の衝撃を抑え、致命的な故障を防ぎます。シャーボルトガードを搭載することにより、シャーボルトの交換頻度を減らすことができます。

ハイブリッド

ホンダの除雪機に搭載されているハイブリッド。エンジンとモーターでそれぞれ別の機能を果たしており、パワーが必要となる除雪はエンジンでおこない、繊細な操作が必要となる走行はモーターでおこなっています。従来の除雪機はエンジンの回転数によって走行スピードが変わっていましたが、ハイブリットシステムではどちらも自由に調節することができ、作業していない時はエンジンの回転数を下げることから、エネルギーの無駄遣いを防ぎます。更に、細かい調整も自動でおこなってくれることから、経験やテクニックに左右されることなく、効率的に除雪が可能になります。

デットマンコントロール

デットマンコントロールはヤナセの除雪機に搭載されており、緊急停止スイッチやセーフティレバー・セーフティバー・セーフティスイッチなどの、安全装置のことを指します。除雪の作業中に体調が悪くなった場合や危険な状況に陥った場合・後進している時に機器に挟まれた場合などに、本機を停止する機能となっています。ハンドルから手を離すと動作が停止するものもあり、もしもの場合に使用者の身を守れることから、中古市場でも需要が高い機能となっています。

クロスオーガ

クロスオーガはホンダの除雪機に搭載されており、正転と逆転の2つの動作が可能なことから除雪の性能がグレードアップし、効率よく除雪することができます。ちなみに、オーガは雪をかき集める刃のような部品のことを指し、従来の除雪機はオーガが一定方向にのみ回転する力が加わっています。

除雪機買取の流れ

買取会社に除雪機の査定を依頼したいときの一般的な流れについて解説します。ただ買取会社によっても流れは異なるので、必ず会社に直接確認してください。

1.買取の申込

まずは買取会社に電話かメール、LINEなどの手段で問い合わせを行います。買取の申し込みを行うと、出張買取に関するスケジュール調整を行い、除雪機や所有者の基本的な情報について確認されるでしょう。会社によっては出張費が別途発生する場合もあるので、費用についても確認した方が無難です。

2.査定

除雪機に詳しいスタッフが除雪機の状態を細かくチェックし、費用相場などを踏まえて査定額を提示。その際に査定額に納得できなければ、買い取りを断っても問題ありません。反対に査定額に納得できれば、スタッフと買取の契約手続きに移ります。

3.買取

査定額に納得した場合は、簡単な買取契約手続きを行います。一般的に除雪機は最短で即日で引き取ってもらえるので、早く売却したい方であれば即日対応についても確認しておきましょう。

4.買取代金お支払い

除雪機であれば現金での買取がほとんどです。立ち合いと書類にサインすれば、その場で買い取り代金が支払われるでしょう。

北海道の除雪機買取でおすすめの業者

ノースグラフィック

north grafic

画像引用元URL:https://www.landingpage-synergy.com/2VWY5F1T/

ノースグラフィックでは、メーカーや大きさ・年式を問わず、さまざまな中古機械や乗り物の買取をおこなっています。動かなくなった機械や壊れてしまった機械でも買取をおこなっており、倉庫・車庫・ガレージまるごと査定をしているといった特徴があります。

ノースグラフィックの除雪機買取

現地査定 北海道・青森であれば無料で出張査定対応
壊れた車種の買取 動かないものや年式の古いものでも買取可能

ノースグラフィックの基本情報

所在地 札幌市中央区南3条西5-1-1 ノルベサ4F
営業時間 9:00〜20:00(電話受付)
電話番号 0120-777-787
(出張査定フリーダイヤル)
対応エリア 北海道・青森

札幌除雪機買取センター

sapporo josetsuki kaitori center

画像引用元URL:https://josetsuki.biz/

札幌除雪機買取センターでは、問い合わせ後最短3時間で買取が終了するといった、スピード査定・スピード買取を心掛けている業者です。故障しているものや動かない除雪機でも、5,000円の最低買取保証をしているといった特徴があります。

札幌除雪機買取センターの除雪機買取

現地査定 出張費無料で出張査定
壊れた車種の買取 故障・動かなくても最低5,000円の買取保証あり

札幌除雪機買取センターの基本情報

所在地 札幌市豊平区豊平3条9-3-10 エムズ豊平1階
営業時間 10:00〜17:00
電話番号 050-5889-9719
対応エリア 札幌全域、江別・北広島・石狩など

ティーバイティー北海道

TxT hokkaido

画像引用元URL:https://txtgarage-hokkaido.jp/

ティーバイティー北海道では、車をはじめとするタイヤやホイールなどのパーツ類や、トラックやバスなどの大型車、重機・農機具などの小柄機械、バイク・自転車・ボートなどのホビー類まで、さまざまなものを買取し、動かなくなった機械の引取もおこなっています。除雪機の買取も受け付けており、全国無料で出張査定しています。

ティーバイティー北海道の除雪機買取

現地査定 全国無料で出張査定
壊れた車種の買取 -

ティーバイティー北海道の基本情報

所在地 北海道札幌市清田区平岡1条4丁目10-1
営業時間 9:00〜20:00(電話受付)
電話番号 0120-999-999
対応エリア 全国

アグリ

agri

画像引用元URL:http://agrijp.com/

無料出張査定を行っていて、新型だけでなく旧型の買取りにも対応。壊れた農機具の回収や引取も行っています。

アグリの除雪機買取

現地査定 無料出張査定
壊れた車種の買取 壊れた農機具の回収や引取、解体などにも対応

アグリの基本情報

所在地 北海道深川市北光町3-1-6
営業時間 記載なし
電話番号 0164-26-8118
対応エリア 道内全域、その他全国対応

札幌リサイクル倉庫

sapporo recycle center

画像引用元URL:http://sappororecycle.com/

札幌市内という立地と長年の経験を活かし、道内全域で重機や建機などのスピーディーな買取りを行っています。

札幌リサイクル倉庫の除雪機買取

現地査定 無料出張査定
壊れた車種の買取

札幌リサイクル倉庫の基本情報

所在地 北海道札幌市東区東苗穂5条3-7-52
営業時間 記載なし
電話番号 011-789-5502
対応エリア 道内全域

札幌リユースセンター

sapporo reuse center

画像引用元URL:https://www.marketenterprise.co.jp/

「農機具高く売れるドットコム」のリユースセンター。査定は出張のほか、電話やWEB、LINEでも受け付けています。

札幌リユースセンターの除雪機買取

現地査定 無料出張査定
壊れた車種の買取

札幌リユースセンター(農機具高く売れるドットコム)の買取実績

機種 HONDA 除雪機 HSS970n
買取価格 160,000円
年式 記載なし
状態 記載なし
馬力 記載なし

引用元:https://www.noukigu-takakuureru.com/articles/snowblower.html

札幌リユースセンターの基本情報

所在地 北海道札幌市北区新川2条6-6-12
営業時間 10:30~19:00
電話番号 011-768-3051
対応エリア 北海道(札幌市近郊エリア)その他全国対応

しんこう

shinko

画像引用元URL:https://www.shiretoko-shinkou.jp/

商品の取り扱いが幅広く、基本的にエンジンが付いているものであれば何でもOK。種類やメーカー、年式を問いません。

しんこうの除雪機買取

現地査定 無料出張査定
壊れた車種の買取

しんこうの基本情報

所在地 北海道斜里郡清里町水元町28-8
営業時間 8:00~18:00
電話番号 0152-25-4200
対応エリア 北海道内全域、東北全域、中越全域

リサイクルショップ&質屋 福助

recycle syop fukusuke

画像引用元URL:https://www.sapporo-kaitori-fukuske.com/

札幌市などに実店舗を構えるリサイクルショップ。価格が付いて再販売できるものであれば、何でも買取りOKです。

リサイクルショップ&質屋 福助の除雪機買取

現地査定 無料出張査定
壊れた車種の買取

リサイクルショップ&質屋 福助の買取実績

機種 HONDA/ホンダ 除雪機 HSM1590i
買取価格 250,000円
年式 記載なし
状態 記載なし
馬力 記載なし

引用元:https://www.sapporo-kaitori-fukuske.com/%E9%99%A4%E9%9B%AA%E6%A9%9F-%E8%9E%8D%E9%9B%AA%E6%A9%9F/

リサイクルショップ&質屋 福助の基本情報

所在地 北海道札幌市清田区里塚緑ヶ丘5-1-20(平岡公園通店)
営業時間 10:00~19:00
電話番号 011-398-7887
対応エリア 北海道札幌市近郊エリア、苫小牧市近郊エリア、函館市近郊エリア

除雪機を高く売却するためのメンテナンスの方法

少しでも高値で除雪機を売却したいと考える方がほとんどでしょう。高く売却するためには、日頃のメンテナンスが重要になってきます。ここではメンテナンスの方法について見ていきましょう。

使わないときはガソリンを抜く

除雪機のほとんどがガソリンエンジンのタイプなので、オフシーズン中はガソリンを抜いておきましょう。燃料タンク内にガソリンが残った状態で数か月間放置すれば、ガソリンが酸化してしまい劣化するためエンジンに支障をきたしかねません。ガソリンが劣化するとドロドロの状態となり、固まってしまうことも。

また長期間放置されたガソリンだと燃焼が上手くできずに、エンジンの馬力が落ちる、エンストしやすくなる、エンジンのトラブルの要因になってしまいます。そのため除雪機のシーズンが終わる頃に、必ずガソリンタンクを空にするように心がけてください。

エンジンやバッテリーの管理

つい忘れがちなのがオイル交換やバッテリーの管理などのメンテナンスです。今は通常に動作していたとしても、メンテナンスを怠れば故障の原因になってしまいます。そのためガソリンエンジンタイプの除雪機なら2年に1度のペースでオイル交換を行いましょう。また電動式の除雪機なら冬場だけでなく、夏場のオフシーズンもバッテリーを定期的に充電しておくなどのメンテナンスを行ってください。

保管場所に注意

除雪機の保管場所も重要なポイントです。屋外に保管し、直射日光や雨風が直接当たるような場所では除雪機の劣化が進んでしまうでしょう。そのため、できる限り屋内保管が理想的です。どうしても難しいのであれば、カバーをかけるなどの対策を講じてください。

どう売るか、何を売るかで選べる
北海道の農機具買取業者3社

※横にスクロールできます。

専任スタッフの
手厚いサポート

ノースグラフィック
査定の特徴
最短即日で現地査定
が可能
査定方法
出張査定
サポートの特徴
専任の担当がつき、
親身にサポート
対応エリア
道内全域・青森
建設機械の買い取り

スクラップ
の買取なら

北海道片付け110番
査定の特徴
立ち合い不要で依頼が可能
査定方法
電話査定・出張査定
サポートの特徴
最大1億円の
賠償責任保険
対応エリア
道内全域
建設機械の買い取り

ネットで買取を
完結させるなら

クロバト農機買取
査定の特徴
ネット査定で完結
査定方法
LINE査定・Web査定
サポートの特徴
ネットの知識がない方にも
丁寧に説明
対応エリア
全国
建設機械の買い取り

選定条件:2023年1月10日12:00時点、Google検索で「農機具買取 北海道」でGoogle検索結果上位20社の中から
以下の条件で3社をピックアップしました。

  • 査定スピード:最短時間の記載あり
  • 対象エリア:北海道全土を含む
  • 農機具以外も買い取り可能

①専任スタッフの手厚いサポート:唯一専任のスタッフによる買取サポートが公式サイトで明記されている

②スクラップの買取なら:唯一スクラップも買い取ってくれる

③ネットで買取を完結させるなら:唯一非訪問型のネット完結買取を行ってくれる