三菱(三菱マヒンドラ農機)

三菱ってどんなメーカー?

三菱は、三菱マヒンドラ農機株式会社が製造する農機具のメーカーです。1914年に「佐藤商会」として創立され、回転式稲扱機の製造を開始しました。1959年にはトラクターの製造を開始。1980年に三菱機器販売株式会社と合併して「三菱農機」に、2015年にはインドのマヒンドラ&マヒンドラ社と資本提携して「三菱マヒンドラ農機」に社名変更。グローバル展開にも力を入れています。
国内シェアは第6位(※)。耐久性・安全性が高いのはもちろん、トラクターがグッドデザイン賞を受賞するなど、デザイン性が高いことも人気の理由です。

※ 参照元:ノウキナビBLOGより(https://www.noukinavi.com/blog/?p=11434

三菱の買取事例【北海道編】

実際に北海道で買い取られた三菱の農機具の事例を紹介します。

  • 三菱 トラクター GV56XMCA:1,800,000円

参照元:農機具高く売れるドットコム(https://www.takakuureru.com/keyword/三菱 トラクター 買取 相場/2/

とくに高額買取が期待できる機種は?

三菱の農機具は耐久性に定評があり、中古の製品でも一定の需要があります。2000年代以降の商品は、国内外問わず、国内シェア第2位のヤンマーや第4位のイセキと同様に人気です。トラクターの中では、とくに「GS21」「MT400」「MT468」の機種が高値で取り引きされます。アタッチメントが付いていると、さらに高く売れるかもしれません。耕運機や管理機は小型タイプの機種の方が、高額買取が期待できます。

三菱の農機具を高額買取してもらうポイント

年式が新しい農機具や、日ごろのメンテナンスが行き届いていて保存状態がよい農機具は、高額買取に繋がりやすいです。また、20年以上前のモデルなど、年式が古くても稼働時間が短かければ、高く買い取ってもらえる可能性があります。三菱の農機具の買取実績が豊富な業者を選び、いくつか見積もりしてもらって査定額を比較することもポイントです。

高く売るためのメンテナンス方法

三菱の農機具を高く売るには、メンテナンスを習慣づけておくことが大切です。動力が付いているものは、各種オイルの規定量を点検して随時補充しましょう。タイヤが付いているものは、空気圧や部品の緩みを定期的にチェックしてください。使用後は、泥や汚れなどを取り除き、サビつかないよう屋内で保管することが重要です。使用していないときには試運転をすると故障が防げます。査定前には洗車と動作チェックをすると、さらに高額買取の可能性が高くなるでしょう。

どう売るか、何を売るかで選べる
北海道の農機具買取業者3社

※横にスクロールできます。

専任スタッフの
手厚いサポート

ノースグラフィック
査定の特徴
最短即日で現地査定
が可能
査定方法
出張査定
サポートの特徴
専任の担当がつき、
親身にサポート
対応エリア
道内全域・青森
建設機械の買い取り

スクラップ
の買取なら

北海道片付け110番
査定の特徴
立ち合い不要で依頼が可能
査定方法
電話査定・出張査定
サポートの特徴
最大1億円の
賠償責任保険
対応エリア
道内全域
建設機械の買い取り

ネットで買取を
完結させるなら

クロバト農機買取
査定の特徴
ネット査定で完結
査定方法
LINE査定・Web査定
サポートの特徴
ネットの知識がない方にも
丁寧に説明
対応エリア
全国
建設機械の買い取り

選定条件:2023年1月10日12:00時点、Google検索で「農機具買取 北海道」でGoogle検索結果上位20社の中から
以下の条件で3社をピックアップしました。

  • 査定スピード:最短時間の記載あり
  • 対象エリア:北海道全土を含む
  • 農機具以外も買い取り可能

①専任スタッフの手厚いサポート:唯一専任のスタッフによる買取サポートが公式サイトで明記されている

②スクラップの買取なら:唯一スクラップも買い取ってくれる

③ネットで買取を完結させるなら:唯一非訪問型のネット完結買取を行ってくれる