コマツ

コマツってどんなメーカー?

コマツは、1921年、石川県小松市の竹内鉱業から独立し小松製作所(コマツ)として創業されました。第二次世界大戦中に海軍から要請を受け、1943年に国産ブルドーザーの原型である「小松1型均土機」を開発しました。

終戦後、国の復興や開墾のため1947年頃より、ブルドーザーの試作や生産を本格的にスタート。1950年にはブルドーザーが主力商品となりました。(※1)

コマツと言えば、トラクターやブルドーザーを日本で初めて国産化したメーカーとして有名です。油圧ショベルやブルドーザー、ホイールローダーなどの建設・鉱山機械などの生産にも力を入れており、売上高世界第2位・国内トップの建機メーカーとしても知られています。(※1)

※1 参照元:コマツ公式HP(https://www.komatsu.jp/jp/recruit/newgrads/company/history/

※2 参照元:タイズより(https://www.ee-ties.com/magazine/58980/

コマツの買取事例【北海道編】

ここでは、コマツの農機具の買取相場についてお届けしていきます。

  • コマツフォークリフ(1t未満):10万円〜20万円前後
  • コマツフォークリフト(1t以上2t未満の場合):50万円前後
  • コマツフォークリフト(2t以上):100万円以上での買取
  • コマツユンボ:250,000~8,500,000円

参照元1:農機具買取パートナーズ(https://www.9818.jp/sell

参照元2:農機具買取パートナーズ(https://nouki-sell.com/maker/komatsu/

上記の価格は相場であり、農機具の状態によって価格は変動します。メンテナンスや掃除をこまめに行って、高価買取を目指しましょう。

とくに高額買取が期待できる機種は?

コマツのフォークリフトやミニユンボなどは高価買取が期待できます。ミニユンボの「PC30-7」、「PC30-7」、「PC50UU-2」などは需要が高いです。
フォークリフトは近年需要の高まりを見せていて、2t以上のものになると100万円以上での買取も期待できます。

コマツの農機具を高額買取してもらうポイント

コマツの農機具はヤンマーやイセキ、クボタなどのメーカーに比べると中古で市場には出回らないことがあり、買取に対応していない場合もあります。まずは、コマツの農機具の買取実績が豊富な業者を選び、見積もりをお願いするとよいでしょう。

高く売るためのメンテナンス方法

日頃からメンテナンスをしっかりと行い、よい状態を保っていれば高額で買取に繋がります。査定を受ける予定であれば、掃除をこまめに行ってきれいな状態に保ったり、使用していなくても定期的にエンジンをかけたりすることが大切です。汚れがひどい状態だと、サビの状態を正確にチェックできず、査定額に影響する可能性があります。また、エンジンオイルの状態を確認したり試運転を行ったりして故障を防ぐことが重要です。

どう売るか、何を売るかで選べる
北海道の農機具買取業者3社

※横にスクロールできます。

専任スタッフの
手厚いサポート

ノースグラフィック
査定の特徴
最短即日で現地査定
が可能
査定方法
出張査定
サポートの特徴
専任の担当がつき、
親身にサポート
対応エリア
道内全域・青森
建設機械の買い取り

スクラップ
の買取なら

北海道片付け110番
査定の特徴
立ち合い不要で依頼が可能
査定方法
電話査定・出張査定
サポートの特徴
最大1億円の
賠償責任保険
対応エリア
道内全域
建設機械の買い取り

ネットで買取を
完結させるなら

クロバト農機買取
査定の特徴
ネット査定で完結
査定方法
LINE査定・Web査定
サポートの特徴
ネットの知識がない方にも
丁寧に説明
対応エリア
全国
建設機械の買い取り

選定条件:2023年1月10日12:00時点、Google検索で「農機具買取 北海道」でGoogle検索結果上位20社の中から
以下の条件で3社をピックアップしました。

  • 査定スピード:最短時間の記載あり
  • 対象エリア:北海道全土を含む
  • 農機具以外も買い取り可能

①専任スタッフの手厚いサポート:唯一専任のスタッフによる買取サポートが公式サイトで明記されている

②スクラップの買取なら:唯一スクラップも買い取ってくれる

③ネットで買取を完結させるなら:唯一非訪問型のネット完結買取を行ってくれる