マッセイファーガソン

マッセイファーガソンどんなメーカー?

マッセイファーガソンは、ダニエル・マッセイが農機具の修理と販売を行う小さな工場をカナダで立ち上げたことが始まりです。最初は簡単な農機具づくりだけを行っていましたが、1855年にはハンドレーキと麦刈取機がヒット。

1867年に行われたパリ祭でドイツから20台の注文を受けるなど事業が徐々に軌道に乗り始めます。 1880年事業を受け継いだダニエル・マッセイの息子達がトロントに工場を移し、1882年には刈り取りと結束を1人で同時に行える麦の収穫機が製品化されました。(※1)

日本でも根強い人気を誇る海外メーカーの1つであり、世界140か国の地域で販売されていたり、西欧でシェア1位という実績を持っていたりします。(※2)

※1 参照元:エム・エス・ケー農業機械株式会社公式HP/history(https://www.mskfm.co.jp/history_mf/

※2 参照元:農機具ひろば(https://noukigu-hiroba.co.jp/brand/overseas.php

マッセイファーガソンの買取事例【北海道編】

実際に北海道で買い取られたマッセイファーガソンの農機具の事例を紹介します。

  • マッセイファーガソン1944:550,000円
  • マッセイファーガソン382:980,000円
  • マッセイファーガソン3065B75/4:770,000円

参照元1:クローサー株式会社(http://xn--pck6aza6kzd270wmdbr96jk16c3sh.jp/jirei.html

参照元2:高く売れるドットコム(https://www.takakuureru.com/keyword/%E8%BE%B2%E6%A9%9F%E5%85%B7%E8%B2%B7%E5%8F%96%E3%80%80%E5%8C%97%E6%B5%B7%E9%81%93/

とくに高額買取が期待できる機種は?

マッセイファーガソンと言えば、トラクターが根強く支持されています。 特にMF6600シリーズは歴史ある機種であることから高額での買い取りが期待されています。
海外製の大きなトラクターは頑丈で性能に優れているものが多く、新車・中古問わずに高く評価されているのです。

マッセイファーガソンの農機具を高額買取してもらうポイント

前述した通り、マッセイファーガソンなど海外製のトラクターは頑丈で性能に優れていることから新車・中古問わず支持されています。

年式が新しいものや稼働時間が少ないもの、保存状態がよい農機具は高額での買取につながりやすいです。マッセイファーガソンや海外製のトラクターを広く取り扱っている買取業者を探し、複数の事業者に見積もりをお願いするとよいでしょう。

高く売るためのメンテナンス方法

マッセイファーガソンの農機具を高く売るためには、こまめなメンテナンスを心がけていくことが大切です。汚れが付着しているとサビの状態などを正確に確認できなくなるため、使用後は泥や汚れなどを取り除くようにしてください。

また、エンジンオイルの状態を点検したり試運転を行ったりして、故障を防ぎましょう。実際に買取に出す前には、簡単な清掃と動作チェックを行ってからにすると、高額査定の可能性が高まります。

どう売るか、何を売るかで選べる
北海道の農機具買取業者3社

※横にスクロールできます。

専任スタッフの
手厚いサポート

ノースグラフィック
査定の特徴
最短即日で現地査定
が可能
査定方法
出張査定
サポートの特徴
専任の担当がつき、
親身にサポート
対応エリア
道内全域・青森
建設機械の買い取り

スクラップ
の買取なら

北海道片付け110番
査定の特徴
立ち合い不要で依頼が可能
査定方法
電話査定・出張査定
サポートの特徴
最大1億円の
賠償責任保険
対応エリア
道内全域
建設機械の買い取り

ネットで買取を
完結させるなら

クロバト農機買取
査定の特徴
ネット査定で完結
査定方法
LINE査定・Web査定
サポートの特徴
ネットの知識がない方にも
丁寧に説明
対応エリア
全国
建設機械の買い取り

選定条件:2023年1月10日12:00時点、Google検索で「農機具買取 北海道」でGoogle検索結果上位20社の中から
以下の条件で3社をピックアップしました。

  • 査定スピード:最短時間の記載あり
  • 対象エリア:北海道全土を含む
  • 農機具以外も買い取り可能

①専任スタッフの手厚いサポート:唯一専任のスタッフによる買取サポートが公式サイトで明記されている

②スクラップの買取なら:唯一スクラップも買い取ってくれる

③ネットで買取を完結させるなら:唯一非訪問型のネット完結買取を行ってくれる